IADL

基本的な日常生活動作であるADLに対して、IADLはより複雑である生活動作のことを指します。

手段的日常生活動作と言い、買い物や洗濯、電話、薬の管理、金銭管理、乗り物等の利用など、ADL(日常生活動作)よりも複雑で高次な行動や行為となります。

物事を考えながら行う必要があり、社会との関わりも多くなるものです。

日常生活においてADLのように毎日必ず行う必要がないものもありますが、自立のためには重要となります。

より自立的で豊かな生活を送れるかどうかの判断基準ですが、できる、できないの二者択一ではなくできることを見つけたり、できる場合もあるなど細かい判断が必要です。