MRSA

メチシリン耐性黄色ブドウ球菌。細菌感染に対して抗菌剤が用いられるようになって久しいが、抗菌剤に対して抵抗力を持つ耐性菌が出現し、それに対する抗菌剤が次々と開発され高度の耐性力を持つ菌も現われている。メチシリンはペニシリン耐性黄色ブドウ球菌用のペニシリン剤として開発されたが、このメチシリンに対しても耐性を持つ黄色ブドウ球菌が出現、増加している。MRSAの感染力自体は弱く、健康体では発症せず、保菌者となる。病弱者が感染すると、これまでの抗菌剤が無効なため重篤になりやすい。病院などの施設では、感染経路を断つ感染予防対策が一層重要視されてきている。在宅で療養中の高齢者など抵抗力の低下している人々が感染しやすいため、介護者はもちろん、要介護者もうがいと石けんによる手洗いを励行するほか、衣服は、清潔でよく乾燥したものを着用する。さらに、菌の増殖しやすい湿気のある場所はこまめに清掃し、消毒することが必要である。